子どもたちが無事成長し、思い思いの道に進んで行きます。

春は子どもの巣立ちを喜ぶと同時に、彼らの生活の心配と今後の夫婦の生活に不安が芽生える季節。

子供が巣立った後の生活を、これからどうやって過ごしていきましょうか?





子育て後の生活不安解決法を考える

平成27年の都道府県別平均寿命が発表されましたね。

都道府県別平均余命 
”厚生労働省は13日、平成27年の都道府県別平均寿命を発表した。”産経ニュース

平均寿命は全国の男で80.77年 女で87.01年だそうです。

本当にご近所は高齢者世帯ばかり。

街を歩けばカートを押したおばあちゃんがゆっくりゆっくりお買い物に。

人生80年時代は普段の生活の中で普通に目の当たりにします。

元気な高齢者

長寿はもちろん喜ばしいことだけれど、本当はリスクではないのか?と不安に思いませんか?

親兄弟や親戚・友人、子どもたちには長生きしてほしいのはもちろん。

だけど自分自身の老後の生活を考えると長生きはリスクかもしれないと思ってしまいます。

経済的にも精神的にも十分準備ができているのだったならOK。だけど…

子育てと家庭生活で手一杯で過ごしてきてしまった。自分の夢や希望は叶ったのかな?と疑問に思う日々。

この不安な世の中をどう平静な気持ちで過ごしていけるのか?

いくら平均寿命が延びたと言っても、子どもが一人立ちした後の30年から50年を不安な気持ちで生活していたらもったいないです。

解決方法を探していきたいと思います。

子供の巣立ちの寂しさを乗り越えたい50代母への3つの提案

子どもの巣立ちの後に取り組みたいこと

  1. 夫婦は仲良くしておきたい
  2. 家は清潔に住みやすくしておきたい
  3. エンディングノートを用意しておく

1.夫婦仲良くは幸せの基本

夫婦旅行
まあ、そりゃいろいろありますよ、30年も一緒に暮らしていれば。

それでも縁あって夫婦になり結婚生活が継続できているということは、ありがたいことだと感謝します。

なぜ仲良くするかというと、同世代だからです。一番の話がわかる親友であり同士だからです。

見ている方向や趣味や好みが違っても、同じ頃に死んでいく。

いくら子供たちが大好きで愛情を注いできたとしても、子どもは次の世代。受けてきた教育も関心のある流行も全く違う世界。

50代夫婦が青春18きっぷで日帰り普通列車の旅に行ってみた

2.安心して帰省できる家にしておく

巣立った子供がいつでも羽根を休めに来れるように、実家へ帰るとホッとできるように、家は整えておきたいと思うのです。

孫や曾孫まで集まれるように大きな家に住みたかったなぁ。

子育て終了と時期を同じくしてちょうど住宅ローンも終わる目途が立ってきて、小さな家にしておいて良かった♪

義父母が亡くなり実家が空き家になったものの、遺品整理に手が付けられていません。

物持ちの良い時代の老夫婦は捨てることをしてこなかったので、思い出の詰まった大量の家財が次の世代に置いて行かれました。

50代の体が動くうちに断捨離を進めていかなくては、と実感しています。

親の家を片づける 遺品整理のコツを知りたい!

3.エンディングノートで情報共有

早すぎることは無いと思います。いつ何が起こるかわからない世の中。

資産は無くても子供世代が相続手続きで困らないように、準備をしておきたいです。

銀行口座や証券口座、SNSやたくさんのネットサービスのIDやパスワードを夫婦で共有できていますか?

いざという時に困るのは、個人個人で登録しているサービスの解除方法や換金方法がわからないことではないでしょうか。

エンディングノートを一冊用意して、それぞれで把握している情報を書き込み、共有しておかなければと思っています。

子育て後の長生きに不安を抱く理由?

もちろんお金の問題は大きいです。退職金や年金で優雅に暮らせる時代ではなくなっています。

それとは別に、気持ちの問題はさらに大きいです。

子どもが巣立って行くと、今まで家族で賑やかに過ごした家にポツンとする。

子どもが引っ越して行った直後は片付けやら生活の仕方をアドバイスするやらで気ぜわしいです。

ところが少し落ち着くと、どう過ごしていいかわからない。

何をしていいかわからない、どうしたら幸せな気持ちが続くのかわからない。

本当は理由なんて無いのかもしれません。

何となく不安なんですよね。今までの暮らしと違うから。

とりあえず子どもが成人し独立したのなら、もう親は好きなことをしていけばいいと思います。

もちろん生活が安定する収入は必要だけど、まずは気持ち的にどうしたいのかを考えましょう。

スポンサーリンク



何をしたらいいかわからないときの解決法

  • 好きなことは何か?やりたいことを書き出す
  • 目の前にある問題を解決する
  • 生活のサイズを縮小する
  • 10年後の自分はどうありたいのかを考える
  • 思い込みを捨てる
  • 新しい人生の目的を見つけて好きなことをする

好きなことは何か?これからやりたいことを書き出す

今までの人生で、好きでやってきたことや夢に向かってエネルギーを注いできたことを振り返ってみましょう。

夢に見ていた職業に就きたいと、若いころから勉強したり仕事を選んだりしてきたこと。

結婚や子育てで中断してしまった趣味など。

ノートに文字で書き出して振り返ってみると、頑張ってきたんだなぁとか諦めちゃったんだなぁなど、自分の来し方を見つめなおすきっかけにもなります。

その中でもう一度トライしてみたいことが見つかるかもしれませんよ!

自分自身のために使える時間ができたのです。遠慮なくやってみましょう。

「好きなことを仕事にする」を諦めないで!

今ある問題を解決する

「近いうちに解決しなければ」という目の前にある問題に取り組むには絶好の機会です。

プランを立てる時間ができたのですから、じっくり検討を始めましょう。

我が家はそろそろ家のリフォームが必要になってきました。

屋根と外壁の塗装、壊れた塀・外構の直しが課題です。

お金の問題も絡むので費用の調達が先ですけどね。

生活のサイズを縮小する

少ない物で暮らし掃除をしやすくすることは、老夫婦の家では大切な要素ですね。

散らかった家の中で転んで怪我をしては何にもなりません。

生活費も持ち物も少なくして、お金も部屋のスペースもゆったりゆとりを持ちたいです。

50歳からの人生の断捨離。気持ちをラクにするために。

10年後の自分はどうありたいのかを考える

  • お金に不安の無い生活をしたい
  • 年に2回は旅行に行きたい
  • 猫をなでながら本を読みたい
  • 映画をたくさん見たい
  • 10年先のことを考えることは難しいですか?

    でも10年前ってついこの前でしたよね。

    想像力を働かせて実現可能な夢を見るのも悪くないと思います。

    ステキな生活になると思い込めば、ステキな生活が引き寄せられてくるかもしれませんよ。

    思い込みを捨てる

    お金が無いから時間が無いからという思い込みを捨てて、できるかも?やってみればいいかな?と積極的に考えたら気持ちがラクになりそうです。

    私は50代になってからブログを始めたし、株や投資信託を購入することも始めました。

    できないかも?怖いかも?と尻込みしていたら出会えなかった人やチャンスに巡り合えます。

    なぜブログを書くの?老後資金補強対策になってほしい副業ブログ

    人と会い新しい人生の目的を見つけて好きなことをする

    人と話すと自分では見えなかったことが見えてきたり、アドバイスや気づきをもらえることもあります。

  • 気の合う人と会う
  • 有名な人と会う
  • 講演会に行く
  • コミュニティに入って発信する 
  • オンラインでもオフラインでもよいのです。

    人は人とつながって生きています。独りじゃないんです。

    だから子供が巣立って寂しいって籠っていてはダメ。

    外に出て人と関わることが大切だと思います。

    不安は取り除いて穏やかに過ごしたい

    不安や問題は生きている限りいつだって湧き上がってきます。

    それでも子育てという大事業を成し遂げたんですもの。胸を張って良いと思います。

    子どもの独立で寂しい気持ちになるのは当然。でもまだまだやることがいっぱい。

    前を向いて楽しい気持ちで子育て後の生活を楽しみましょう。

    最後までお読みいただきありがとうございました。