50代の生活

50代母の人生2周目はアコースティックギターの体験レッスンから始める

50代の声を聞くと今までの人生・これからの人生って考えちゃいますよね。

なにしろ人生100年時代と言いながら、もう半分来ちゃったんですから。

子育ては卒業、毎日あくせく労働しているだけで、私の人生これで本当に良いのだろうか?

私は急に思いついてアコースティックギターを習うことにしました。50代母が?今から?

そうなんです。無料体験レッスンに行ってきましたのでレポートします。

子どもが家を出て寂しい、何をしていいかわからないとお悩みの方に、参考になることがあればばうれしいです。



なぜ50代の今からギター?

Pezibear / Pixabay

だって音楽って楽しいかなぁと思って。

私はピアノもギターも楽器は全く習ったことがありません。興味もあこがれもありましたよ、もちろん。だけどそんなに裕福な家庭で育ったわけではないので、子ども時代は高価な楽器を買ってもらったりレッスンに通ったりすることはありませんでした。

だから自分の子どもたちにも音楽は習わせていなかったんです。でもきっとお友達が習っていればうらやましかったはず。

そんな娘は学生時代にクラシックギター部で音楽に親しみ、十分楽しんだ様子。音楽友達もたくさんできました。

結婚して家を出て行った部屋にはアコースティックギターが置いたままになっていました。50代母はそのギターを見て娘の選択してきた道に満足してみたり、ちょっとうらやましかったり。

せっかくだから置きっぱなしのギター、私が使っても良いんじゃない?人生の後半戦、新しいこと、楽しいことを始めてみても良いんじゃない?と思うに至りました。

きっかけになった本はこれ。

夢も仕事も子育ても、人生の1周目は生活を確かなものにしなくちゃ、家庭と家族を守らなくちゃと頑張ってきました。

この本を読んで、人生の2周目はあきらめていたことや我慢していたことをやってもいいのではないかと思ったんですよね。子育て終了の50代は2周目の人生のスタート地点にいるんですから。

思い立ったら行動は早いほうがいい。さっそく無料体験レッスンに行ってみましたよ!

無料体験レッスンはこんな感じ

FirmBee / Pixabay

ギターの持ち方から全く分かっていない超初心者なので、マンツーマンレッスンで教えてもらおうと思いました。
全国展開しているマンツーマンレッスンのシアーミュージックが通いやすい場所にあったのでラッキーでした。

ホームページから申し込み

マンツーマンのミュージックスクール

まずはホームページから無料体験レッスンを申し込みます。

体験予約受付画面で希望のレッスンと教室を選びます。体験したい日時を選びます。希望日時に空きが無い場合は予約リスエストができます。電話しても良いみたい。

私は即時予約ができる日を選びました。

予約が確定すると確認メールが来ます。予約日の前日にも確認メールが来ますよ。

体験レッスン当日

当日は予約時刻5分前くらいに直接教室へ行きます。あまり早く行っても部屋が狭いので困るでしょうね、きっと。間が持たないし。

教室では若い男性講師の先生が待っていて笑顔で迎えてくれました。

ほんと、教室のドアを開けるまではドキドキしますよね。たぶんお互いに。こんな50代母がアコースティックギターを習おうっていうんですからね。

講師の先生は本当はエレキギターがメインらしく、私がクラシックギターを希望してたらどうしよう?って思っていたみたい。

職場でもギターをする同僚男性に「ギター習おうと思って」と言ったら第一声が「クラシック?」「え、アコースティック⁈」って驚かれましたからね。

というわけで、テーブルに用意してあった体験レッスン申込書に記入します。住所・氏名・年齢(!)と経験・目的・好きなアーティストなどを書き入れます。

体験レッスン内容

講師指名制のミュージックスクール

防音のレッスンブースに入り、スクールの説明とレッスンの進め方の案内があります。

レッスンの希望を聞かれますが、私は何しろギターの持ち方も部位名もわからないと伝えます。

娘のギターを持参したので、弦を取り替えたほうが良いか見てもらいました。するとまだもう少し使えるからこれで大丈夫ですとのこと。

最初にギターの持ち方。

そして「この部分はネック、ここはフレットと呼びます」から始まり、弦の順番と黒丸が5・7・9フレットに付いていて、12フレットには黒丸が二つ付いていて1オクターブ高い音が出ることを習いました。

。。。若い時からギターやってきた人には笑われるでしょうけど。。。 

これが現実ですので。

最後にギターコードのCを教えてもらいました。一番の基本なのでしょうけど、指がつりそう。

YouTubeにもたくさんの動画があがっているのでわかりやすいものを見つけて練習してみます!

あっという間の45分間でした。最期に体験レッスンのアンケートと入会の説明があります。

マンツーマンレッスンのシアーミュージック

SplitShire / Pixabay

ネットで検索すると自宅から通える範囲にいくつかギターを習えるスクールはあったんです。

でもシアーミュージックがマンツーマンで費用がリーズナブルかなと思って通うことに決めました。

マンツーマンの良いところは生徒のレベルに合わせて教えてもらえるところですね。

これは英会話を習ったときにも痛感したことで、他の生徒を気にせず指導してもらえるほうが習得は早いと思います。

1コマ45分で月4回コースだと1レッスン当たり4,000円で一番オトク!なので、月4回、税込み17,600円のコースにしました。

「シアーミュージック」は日本全国に展開していて、ギターのほかにもボイストレーニング、ピアノ、ウクレレ、ドラム、サックスなんかもあります。

私はアコースティックギターのコースですが、講師の先生の予約が取れない時にボイストレーニングに振り替えてもよいそうなので、ちょっと楽しみにしています。

今日はさっそく入会金の2,200円(税込み)と一か月分の月謝を振り込みました。

振り込みをした旨をコールセンターにフリーダイヤルで電話を入れると、入金の確認がされた後にweb予約ができる生徒専用サイトの利用ができるようになると案内があります。

コールセンターの電話対応も親しみやすく丁寧でしたよ。

これでレッスン予約もやりやすくなるし、来月からのレッスンが楽しみです!
マンツーマンのアコースティック ギターレッスン

やりなおし英会話の初心者にはGabaマンツーマンレッスンをおすすめする理由英会話が苦手だと思い込んでいる英語初心者のやり直し英語では、グループレッスンは効果がありません。Gabaマンツーマンレッスンの体験者がおすすめするのは、一対一の対面できめ細かくアドバイスをもらえるマンツーマンです。...

新しい挑戦で人生2周目を楽しむ

congerdesign / Pixabay

私自身アコースティックギターを始めてみるなんて思っていませんでした。でも世の中の不安なニュースや災害列島を目の当たりにすると、長いように見えて短い人生を、やりたいことをやって楽しんで生きていきたいと思うようになったんですよね。

今の仕事は人間関係が良くて辞めたくないけど、このごろは残業が多すぎてお昼休みのランチを楽しみに通勤しているような生活だったんです。
そんなのつまらない。

新しい挑戦で50代からの人生2周目を楽しみたいです。老後資金が不足しているからと節約に励むよりも、今のこの時間を大切に楽しみたい。

明日のことは誰にも分らないのですからね。

体験レッスンに行ってみて!

音楽は言葉が通じなくても心が通じるからステキですよね。

長年英語を勉強してきて思うのは、言葉に頼らないコトバ、音楽や絵画の力って大きいんじゃないかということ。

外国語が通じなくても心を通わすことのできるコトバがあると思うのです。

その力を私は手に入れたい。そして70代80代になっても若い世代の人たちや言葉の通じない外国人たちと心を通わせられたらステキだなぁと思うのです。

子どもが巣立って何をしていいかわからないと悩んでいるなら、音楽をやってみませんか?

楽器もいいしボーカルレッスンで声を出せば気持ちがスッキリしそう。

無料体験レッスン、おすすめです。



ABOUT ME
chocopi
このブログは50代女性が直面する家族との暮らし方や働き方など、自分の経験を通して感じたことを書いています。 同じ悩みを持つ同世代の方と共に、これからのシニア生活を明るく楽しくしていけたらいいなと思います。 お気軽にお越しくださいね。