50代の派遣

50代でも派遣会社から仕事紹介がきたよ!派遣事務の紹介を得るコツ

50代後半になってから派遣での仕事をするのはムリかな?とあきらめかけた矢先、私は5年ほど前に就業したことのある派遣会社からスカウトの電話をもらいました。職場見学・契約と進み、すぐに新しい仕事先での就業が始まりました。

40代50代で新しい仕事に就くなんてムリ!と転職をあきらめ気味の方に、私の体験談で少しでも前向きになっていただければうれしいです。

就職はめぐりあわせとタイミング

実は前回の記事で書いた英文事務のお仕事は、面接まで進んだにもかかわらず私のほうからお断りしてしまいました。

面接
50代で派遣事務の面接に行ってきた。年齢のせいで仕事が無いって誰が言ったの?50代女性の転職や派遣事務に就くことは、年齢の壁で難しいと言われていますが、仕事が全く無いわけではないということをお伝えしたいです。応募から1週間で面接まで行ったいきさつをお話しします。...

時給も仕事内容も条件はとても良かったのですが、残業時間が多いのが気になったのでした。

私は前の仕事を辞めてから外へ出かける機会がぐんと減り、運動不足と体力の低下を感じていました。そんな状況で月に20時間30時間の残業を求められることに自信が持てなかったのです。

この点はやはり年齢もありますかねぇ。40代前半だったらどうってこともない残業時間数だと思うのですよ。高い時給でたくさん稼ぎたいし、体力もあるから頑張れたかもしれない。

けれども50代後半になってみると、そんなフルスピードで走らなくてもいいかなと思ってしまったのです。

暇すぎる仕事!残業の多い職場?体験から学ぶ50代のバランスの取れた働き方暇過ぎる職場と忙し過ぎる職場、どちらがいいかなんて選べません。50代女性の働き方は、収入とストレスのバランスを考えると派遣やアルバイト、ブログアフィリエイトとの兼業が適していると思います。...

そして派遣での就業をあきらめかけた頃、フルタイム事務案件の紹介の電話が入りました。

コロナ禍後の人手不足は仕事紹介のチャンスかも

その派遣会社では5年前当時に暇すぎる職場からの転職を希望して新しい派遣先への紹介をお願いしたにもかかわらず、年齢のせいか?その時の営業担当からは全く紹介してもらえなかったんですよね。

だから派遣会社のほうから打診があるなんて、時代は変わったなぁと思いましたね。コロナ禍の後で人手不足だとは聞いていましたが。

派遣の仕事の検索でもハローワークや地域の仕事紹介サイトでも、求人数は以前より増えているように感じます。40代50代も応募可の求人もあります。

リモートワークも可能な職種も増えているので、WEB制作やWEBデザインなど手に職をつければ年齢も場所も関係なく仕事を得ることは可能な状況だと思います。

【職業訓練校面接】求職中50代女性はWEBデザイン科を受講できるのか!?求職中の50代女性が職業訓練校の面接に行きました。WEBデザイン科の受講はできるのか?面接にのぞむ準備と注意点、当日の面接の流れをお伝えしています。...

紹介をもらうには派遣会社と良い関係を保つ

紹介をもらえる、声をかけてもらえるっていうことは、本当にありがたいことだと思います。これは以前に関わりがあったときに良い印象を持ってもらえていたということなのだと思います。

就業契約中に来たメールや電話にはすぐ返答する。

必要な報告や相談をマメにする。

あいさつや丁寧なことばづかい。

時間厳守。

社会人としては当たり前の、こんなカンタンな心掛けで信頼を得ておくことが大切です。
数回の転職でいろいろな職場、いろいろな人たちに出会ってきたことで、「信用」「信頼」は財産だなぁと実感します。 

紹介をもらうには複数の派遣会社に登録しておく

50代になってから派遣会社からの仕事紹介をもらうことは簡単なことではないと思います。私も今回は本当にあきらめかけましたもの。

仕事を得たいと思うのなら、会社勤めをする必要があるのなら、やはりアンテナを張って広く情報を集める努力は必要だと思います。派遣会社は少なくても3~4社に登録し、希望の職種や条件で募集が出ていないか常にチェックしておくと良いと思います。

50代で派遣事務の働き方は悪くないと思う50代の働き方として派遣事務はメリットがありますよ。派遣契約で時間が決まっていて、ライフワークバランスがとりやすいです。50代は働き方を自由に決めて良いと思います。...
ABOUT ME
choco
このブログは50代女性が直面する家族との暮らし方や働き方など、自分の経験を通して感じたことを書いています。 同じ悩みを持つ同世代の方と共に、これからの生活を明るく楽しくしていけたらいいなと思います。 お気軽にお越しくださいね。