今年のふるさと納税はもう済ませましたか?

ふるさと納税は参加自治体も返礼品の種類も増えて、「納税するのが楽しい」とはなんてステキなことでしょう。

楽しいおいしい返礼品を選ぶのももちろん楽しみの一つ。

でも

  • 何を選んだらよいかわからない
  • どこの自治体にも魅力を感じない
  • 返礼品目的なんて納税や寄付の趣旨に反していない?
  • そんな疑問を感じているなら、寄付金の使用目的で選ぶ方法もありますよ!




    ふるさと納税とは

    自治体への寄付金のことです。

    「ふるさと納税」とは、あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるため、今では多くの方に利用されています。

    さらに、寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。

    ふるさと納税とは

    ふるさと納税先を選ぶ基準は何ですか?

    私は2015年に初めてふるさと納税をしてみました。初めての時って、何を基準に選んだら良いか迷いますよね。

    ふるさと納税はお得よ!まだやってないの?と言われても、なんだかカタログショッピングのようで、適切な方法や自分に合った金額を知るところから始めないと何も決められませんよね。

    特産品選びなんて本来の寄付の精神から離れているのではないか、といった批判めいた発言も目にします。

    まあ、いろいろ感じるところはありますが、とにかく納税・寄付が多く集まって、喜ぶ人、助かる人が増えるならいいのではないでしょうか?

    私は寄付の半分は返礼品をいただけるもの、半分を災害復興支援や犬猫殺処分を無くす活動への支援に使い道指定できるもの、と分けることにしました。

    控除額シミュレーションはこちらから

    初めてなら返礼品人気ランキングを参考に選ぶ

    初めてのふるさと納税ではポータルサイトでの返礼品人気ランキングが役に立ちます。自治体ごとの特産品など見比べるのはとても楽しいです。私は2015年は各1万円の寄付、2か所の自治体を選びました。

    一つは北海道上士幌町のアイス工房ドリームのジェラートセット

    「菓子部門」お気に入りランク全国1位獲得!だそうです。

    行ったことも無いし誰か知り合いがいる自治体でも無かったのですが、ふるさと納税ランキングで人気だったので選びました。安易ですかねぇ?アイスクリーム大好き。申し込みしたのは夏だったし。

    もう一つは岩手県大船渡市の三陸産塩ウニ

    やはり東日本大震災の復興支援も兼ねて寄付をしたかったからでした。大船渡市へはその後、JRの三陸方面ツアーが企画されていたので行ってきました。津波の被災跡を訪ね、海産物を買い物してきましたよ。

    たいした力にもなれないのはわかっていますけどね。災害の復興支援では、少しでも現地に気持ちを向けることが大切ではないかと思います。



    2018年のふるさと納税は、草津温泉感謝券がもらえる草津町にしました。草津温泉大好きですし、草津白根山の噴火活動で客足が減っているのではないかと心配でしたからね。

    関連記事:定年退職を祝うなら家族旅 草津温泉の秋

    支援活動に寄付できる

    特産品ではなく寄付金の使い道から選ぶ、中でも支援活動を選んで寄付することもできます。

    私は2016年は熊本県の支援活動に寄付をしたいと思いました。

    熊本の震災で被害に遭われた方はもとより、近隣自治体も産業や生活に大ダメージを受けたことと思います。だから今年は返礼品が無くてもいいや、と熊本県に寄付をしました。

    それからこちらを多くの方に知っていただきたいのですが、犬の殺処分ゼロをめざす活動をしている広島県神石高原町です。
    年間8,000頭以上が殺されています~日本で殺処分される犬を”ゼロ”に~

    ご存知でしょうか? 犬猫の殺処分は日本全国で10万頭にも達します。ペットブームと騒ぐ一方で捨てられる命。犬猫の殺処分なんてぜったい無くしたい。

    広島県神石高原町の返礼品は特産の米と、殺処分を直前で助けられて災害救助犬となった夢之丞(ゆめのすけ)の本でした。

    null

    いただいた米2キロはさっさと食べてしまったのに、本はしばらく積んだままになっていました。

    本を手に取る時間ができたので朝から読み始め、やめられなくて一気に読みました。もう涙なしでは読めないです、この本。

    字も大きく漢字にはふりがなもふってあるので、小学生から読めます。夏休みの読書感想文の宿題にちょうど良さそうです。
    ぜひ読んでください!

    2018年もピースワンコジャパンの活動を応援したくて広島県上石高原町に寄付をしました。

    なぜなら直接メールでお願いが来たからです。犬猫殺処分ゼロをめざす懸命な活動にもかかわらず、なかなか寄付が集まらないようです。
    ふるさと納税の寄付先がまだ決まっていない方は、ぜひこちらも検討してください!

     実は、皆様の多大なご支援にもかかわらず、11月までのふるさと納税のお申し込みが昨年同時期の8割強にとどまっています。通常のご寄付も、保護犬の増加ペースに比べると伸び悩んでいます。このまま収入が伸びなければ、来年は最悪の場合、全頭引き取りに困難が生じることにもなりかねず、プロジェクトは正念場を迎えています。

    年間8,000頭以上が殺されています~日本で殺処分される犬を”ゼロ”に~

    ふるさと納税は日本各地の特産品や産業を知る良い機会になります。そして社会問題にも目を向けて、支援に協力するチャンスでもあります。

    あなたも一番良いと思う方法でふるさと納税を楽しんでくださいね。

    スポンサーリンク