50代の生活

「もう50だから」は禁句!職場で嫌われる50代女性の言動と対策

職場内で避けられているような気がする

誰も私の話を聞いてくれない

もう50歳だから相手にしてくれないのかな

職場でそんな人間関係の悩みをお持ちの方は要注意!

「もう50だから」は禁句です。

他人に嫌われる言動って結構はっきり決まっています。

職場で嫌われたくなかったら気を付けたほうがいいですよ。

実例を挙げてお伝えしていきます。

毎日の仕事は仲間と仲良く気持ち良くやっていきたいですよね。



50代女性 嫌われる人の特徴

人生50年も生きてきたなら、仲間に頼られ好かれる人間になっていたいですよね。

学校や家庭での生活、地域社会の中で様々な体験をしてきたはず。転職などすればいろいろな会社や社員の人たちを見てきたはず。

それがどうもうまく活かせていない人っているんですよ。

「人の振り見て我が振り直せ」私も50代後半になったので気を付けたいです。

嫌われる50代女性には共通点があります。いくつか挙げていってみましょう。

嫌われる・好かれる派遣社員の特長と良好な人間関係のためにできること新しい職場に勤務し始めて長く働けそうかなと思うのはどういうときですか? 仕事内容が合っているとか人間関係がうまくいきそうとか ...

年齢を前面に出す

冒頭にも言ったように、「私はもう50代だから」「もうおばさんだから」「上司のほうが5歳も若いのよね」と50代であることをことさらに口にする人がいますが、それは禁句です。

職場では年齢の上下は全く重要ではなくて、若い上司も先輩も尊重すべきであって、自分が後から入社したなら謙虚にしていればよいと思います。

だいたい自分のことを全然「おばさん」だと思っていない私は、ずっと年下の50歳になったばかりの人がそういう言葉を発するととても不愉快です。

どうも50代だから年上、自分より年下なら若いので下に見る、という感覚の人がいるのですが、「上から目線」は嫌われます。

年寄りくさい言動をする

50代というだけで一般的には「おばさん」とレッテルを貼られるのだから、せめて姿勢を正して身だしなみを整え見苦しくないように見せようと思うのが普通だと私は思っていました。

が、そうでもない人もいるんですよねー。

二言目には「疲れた」をため息まじりに連発したり、ホットフラッシュなのか「暑い」としきりに言ってみたり。

そりゃ疲れたり暑かったりはだれでも感じるけど、それは他人に聞こえないように心の中で、あるいはせめて声を抑えて言わないと。

聞きたくない愚痴が耳に入るたびに同僚はうんざりしていることを感じ取れていないようです。

身だしなみがなってない

べつに特別にゴージャスに着飾れって言っているわけじゃないんですよ。オフィスカジュアルでOKなら職場の雰囲気に合わせて小ぎれいに清潔感がある服装でいいと思うんですよ。

ただ寝ぐせのついたぱさぱさの髪とかどうなんですかね?マスク着用の世の中とは言えマスクを取ることもあるのにノーメークとか。

せめて背中が丸まらないよう背筋はまっすぐに立つようにしてほしいと思います。

オフィスカジュアルって何?50代に似合う服を買えるおすすめ通販サイト3選50代になって派遣事務の仕事を始める時に、「オフィスカジュアルで」って言われて戸惑いませんか?どんな服装がオフィスカジュアルなのか解説します。使いやすい通販サイトもご紹介しています。...

自分の話ばかりする

今まで出会った嫌われる50代女性の一番の特徴は「自分の話ばかりする」ですね。

何か話し始めたから仕事の重要ポイントかなと耳を傾けたらどんどん脱線する。

何人かで会話を続けていたら「あー、なるほど。私はねっ!」と自分の話にすり替えてしまう。

いませんか?こういう人。年齢関係なく結構今まで出会ってきましたよ、私は。

職場のコミュニケーションを良くするためには雑談も大切なんだけど、こういう人が一人いるとそこで会話が止まってしまうんですよね。

人の話を聞かない

自分中心の考え方の人は他の人の話は聞かないですね。だから嫌われるのです。

誰でも自分の考えていることや楽しい経験は話したいし共感してもらいたい。

だから大人の会話は自分と相手と五分五分であるべきなんですよね。

仕事内容を引き継いだり教えたりする必要がある時でも、話を聞かない人はこちらの説明の上にかぶせて返事をし始めます。

説明内容を分かっていない段階で調子よく「あー、なるほど」と相づちを打ち始めたり。

え?本当にわかってる?

で、結局わかっていなくて作業内容を間違えることがあります。

声掛けが足りない

自分中心の話はとどまることを知らず不要な相づちは多いのに、なぜか必要な声掛けは省略してしまう人がいます。

朝のあいさつや「お疲れ様です」程度は誰だってできて当たり前。

でもチームワークで進めている仕事内容の時に、作業の優先順位はあるのか急ぎの案件はあるのかなど、ちょっと一言声掛け合って確認すれば助かるのになーって時に独りよがりで進めてしまう。

で、同僚には「気が利かない」「空気が読めない」と嫌われてしまうのです。

やっぱり必要なのは思いやり

結局、他人への思いやりを持ってほしいってことです。

相手の人はどう感じるのか、チームの仲間はどういう行動を取ってほしいと思っているのか、それを感じ取ることが大事なのではないかと思います。

職場で嫌われないためにやめたほうがいいこと

自分の話ばかりする

生返事をする

他人を疲れさせる言動をする

職場で好かれる50代になるには

姿勢を良くする 背筋を伸ばす

疲れたと言わない

ため息をつかない

人の話に割り込まない

相手が話している途中で言葉をかぶせない

最後まで人の話を聞く

こんなところでしょうか。

もしも職場内で浮いているなぁ、嫌われているのかなぁ、と心配な50代女性は、こんなところを気を付けてみてください。

ではでは、快適で充実した職場の人間関係を持てますように!

【体験談】50代女性派遣社員が転職で悩んだ時に読む記事TOP20+350代女性が転職を考える時に参考になればと体験談を書いています。転職を考え始めた時期から始まり就業が決まってからも、仕事や生活に関する悩みは尽きません。気持ちをラクにするヒントになれば嬉しいです。...



ABOUT ME
chocopi
このブログは50代女性が直面する家族との暮らし方や働き方など、自分の経験を通して感じたことを書いています。 同じ悩みを持つ同世代の方と共に、これからの生活を明るく楽しくしていけたらいいなと思います。 お気軽にお越しくださいね。