50代で転職しようと思ったときに不安なのは、正社員でも派遣社員でも新しい職場に出会えるかどうかわからないことですよね。それでもどこかに収入の道を見つけなくてはならない。

私も職を変えることを決めてから不安でいっぱいでしたが、間を空けることなく新しい派遣事務の仕事に就くことができました。

今日は50代であっても派遣事務の仕事紹介をしてもらえた理由を考えてみました。





継続して仕事をしてきたから

派遣の仕事が継続してきたということは、3か月ごとの契約が打ち切られることなく派遣先企業に信頼を得てきたことの証明にもなります。派遣スタッフ本人の安定した生活態度や忍耐力の証でもあります。

派遣登録をする時や転職希望で登録内容を更新する時に職務経歴を書きますね。派遣会社によっては転職前の直近の就業先・仕事内容から、順次それ以前の就業先を書きます。前の仕事を辞めた理由や、間にブランクがあると、その理由を書く欄もあります。

とにかく直近の仕事まで、何かしらの仕事に連続して就いているほうが良さそうな印象です。

私は子育て終了後の40代に再就職してから4回転職していますが、転職回数は多くても問題にならないようです。

仕事に就いている状態が継続しているということは、最近のパソコンソフトに慣れています。派遣先企業は派遣スタッフに即戦力を求めますから、仕事の段取りに慣れている人が仕事紹介を受けやすいようです。

条件をゆるく設定しているから

子育て終了後の40代以上の強みは、何といっても時間が比較的自由になることです。

就業曜日や休日、残業可能など希望条件が柔軟であれば、40代以上の転職には有利に働きます。

保育園のお迎えや学校行事への参加はどうしても仕事とのスケジュール調整が大変になるので、就業先企業も気を遣うでしょう。

50代の私の譲れない条件はオフィスが禁煙・分煙を実施していることだけです。残業があることや土日休みなどは条件から外しています。

条件に融通がきけば、派遣会社も仕事紹介をしやすいのだと思います。

パソコンと英語を使えるから

事務仕事といえばパソコン作業です。キーボード・テンキーを普通に使用できれば、社内システム使用でもWord・Excelなどのソフト使用でも対応できます。でもパソコンが使えなかったら話になりません。

今の20代・30代の若い世代は学校でパソコンの授業があったかもしれません。でも50代はワープロが出たよ、すご~い!と言っていた世代なので、私の身近にも苦手な人が多いです。

メールを書く、ブログを書くなど、キーボードを使って書く作業が好きな人は問題ないですね。

英語は英文事務に就きたいのでなければ、特に仕事紹介には影響しません。

一般事務・営業事務であれば関係ないのですが、履歴書に英語の資格などが書いてあると一目置かれるのは本当です。

英語が好きならTOEICのスコアを上げたり英検を受験するなど、アピールできるポイントを作ると仕事紹介のチャンスは増えると思います。

50代で英文事務の契約更新。40代でやりなおし英語をしておいて良かったと思う。

40代50代でも派遣事務に就くことはできるという話

人材不足・人手不足と言いながら、40代や50代で転職しようとすると難しいって何なのでしょうね?

文句言っても始まらないので、仕事紹介をしてもらえるチャンスを広げるため、自己投資してスキルアップを図る必要はありそうです。

職場環境を変えたいと思ったら即実行です!

現状に煮詰まったら悩んでないで環境を変える

50代でも転職を恐れることはありません!