ノーリツプログレのマルチグリルは優れものです。

「オートメニュー」や「調理モード」おまかせで楽々夕食準備ができます。

今日は肉じゃがと炊き込みご飯のキャセロールレシピをご紹介します。





マルチグリルはガスコンログリルの常識を覆した!

16年使い続けたビルトインガスコンロの点火が悪くなり交換工事をしました。最先端のガスコンロにして本当に良かったですよ~!価格は高かったけど。。。

特にこのマルチグリルは優れものです。従来の魚焼きに使用するグリルは焼き網や庫内の掃除が面倒ですよね。マルチグリルには焼き網が無く、焼き魚はプレートで焼くから洗うのも簡単です。

マルチグリル

プレートパンとキャセロールを使用するプログレのマルチグリルは、グリルの常識を覆したと思います。私は朝食のトーストを焼いたりおかずの温めなおしをしたり、グリルを利用する回数が断然増えました。

朝のトーストもこんがり簡単

おまかせモードで作った夕食のレシピ

今日はキャセロールで炊き込みご飯と肉じゃがを作ったのでレポートです。
初めてだったのでプログレを購入したときに付いてくるレシピ本の分量で作りました。

おまかせ調理モード:煮るで肉じゃがを作る

  • 材料(4人分)
    じゃがいも・・・4個
    玉ねぎ・・・・・1個
    にんじん・・・・1/2本
    さやいんげん・・8本
    牛バラ肉薄切り・100g
    だし汁・・・・300ml
    砂糖・・・・・大さじ3
    酒・・・・・・大さじ1
    みりん・・・・大さじ2
    しょうゆ・・・大さじ3

野菜を一口大に切ります。

肉じゃがの材料を準備

じゃがいもは水にさらし、玉ねぎはくし形切りにします。
にんじんは1㎝の輪切りか大きければ半月に切ります。
さやいんげんは長さを3等分、牛バラ肉は3㎝幅に切ります。
調味料を混ぜ合わせておきます。

野菜を並べる

キャセロールに野菜を敷き詰め、上に牛肉を広げます。

牛肉を広げる

調味料をかけてアルミホイルで落し蓋をします。

アルミホイルで落しぶたをする

キャセロールのふたをし点火します。
調理モード:煮る で25分に設定しました。
調理モード:焼くで25分

煮るモードで火加減はおまかせ、約25分で出来上がり。

25分経ちました
仕上がりに全体を混ぜて盛り付けます。
出来上がり!

オートメニューで炊き込みご飯を作る

肉じゃがを煮ている間、火加減を気にする必要がありません。マルチグリルに調理をおまかせの間、炊き込みご飯用の具材を準備します。

  • 材料(3合(6人分))
    白米3合
    水700ml
    鶏もも肉100g
    酒小さじ1
    しょうゆ小さじ1
    油揚げ1枚(30g)
    しめじ1パック(100g)
    にんじん3㎝(30g)
    ごぼう1/3本(50g)
    粉末だし小さじ1
    酒大さじ2と1/2
    しょうゆ大さじ2
    塩小さじ1/3

キャセロールは使用中なのでボールに洗った米と分量の水を入れて浸けておきます。
野菜を一口大に切ります

炊き込みご飯の材料を準備する
鶏肉は2センチ角に切り酒と醤油で下味をつけます
ボールに野菜と肉を合わせ、調味料を入れ混ぜて10分置きます。
具材を合わせておく
肉じゃがが仕上がったらキャセロールを空けて洗い、米と水を移します。
洗った白米を分量の水に浸けておく
具材を米の上に広げます。この時かき混ぜないで、具は米の上に均等に広げます。
米の上に具を広げる
オートメニュー:ごはん キーを押します。
約30分で炊き上がり
出来上がり♬

まとめ

火加減の調節に気を遣う必要が無いので他の作業もできます。とても楽です。
調味料の分量はご自分の家庭の味を基本にすると良いと思います。

肉じゃがはレシピ本の通りにしたら、みりんと酒、さらに砂糖は甘みが多かったみたい。
我が家では「甘い」とちょっと不評でした。

肉じゃがはしっかり火が通るのであまり小さく切ると煮崩れします。
ある程度大きめに切ったほうが良いかもしれません。

毎日の食事はおいしく食べたいですね。そして準備と後片付けは楽にしたいです♪

スポンサーリンク