娘が結婚を前提として同棲している彼氏の両親と顔合わせをしてきました。

顔合わせなんて親として経験するのは初めてだから、わからないことだらけ。

50代母の体験談の一つとして服装やおみやげ・食事中の雰囲気をお伝えしたいと思います。

一生のうちに何度もあることではないですからねー




両親顔合わせをリクエスト

娘と彼氏が同棲をしたいと私たち家族に挨拶をしたのはちょうど1年前です。
関連記事:娘が同棲したいと言ったとき 50代母の気持ち

その後、娘の転職があり新しいアパートへの引っ越しがあり、少しずつ新しい生活が軌道に乗ってきたようです。

私たち家族は娘の結婚に賛成です。同棲は順序が逆かなぁ?と古い頭としては思ったけれど、娘の性格と彼氏の人柄を見てきた限り、心配はしていません。

でもやはり育った環境は早めに知りたい。どんなご両親と過ごしてきたのかなぁ?これからの二人の前途をサポートしていくのに協力できる人たちかなぁ?

私のほうから娘に顔合わせをセッティングしてね、とリクエストしておきました。

日曜日の昼にレストランで食事

neshom / Pixabay
若い二人はもちろん、双方の両親もそれぞれ仕事を持っています。

時間を取れる日が土日であったり平日であったり、仕事が繁忙期であったり、日程を決めることは簡単ではないです。

で、なんとか調整が取れて娘から連絡がきた日程は、6月の日曜日の昼に食事会を、でした。

場所は娘たちの住む町の駅前のレストラン。彼氏の実家も近い町です。私たち夫婦が出向くことになりました。

食事会で顔合わせ・結納は無し

私たち夫婦が30年前に結婚した時は、それぞれの両親がそれぞれの実家を訪ねて挨拶をしました。

その後、夫の叔父を仲人として立てて新婦の実家で結納をしました。

近頃は顔合わせで食事会をして結納をしないカップルも多いようですね。

「顔合わせ」と「結納」は実施した?

娘たちも親の意向を聞きながら、レストランでの食事会を計画しました。

服装は両家のバランスを揃える

初めての顔合わせに何を着て行ったらいいのかしら?手土産はいるよね?

日程が決まると次に迷うのは服装とお土産です。
ここで片方が着物でもう一方が普段着というわけにはいきません。

若い二人が双方の両親と意向をすり合わせて、スーツで、となりました。

サラリーマンの男性陣は普段からスーツを着ているので難しくないんですよね。

母親はおしゃれに洋服をたくさん持っている人ならいいと思うんですけどね。

少なくとも私にはそんなおしゃれな服が無い!しかもこの数年でサイズアップしている・・・

こんなイベントでもないとおしゃれなスーツを買う機会がなかなか無いので、本当はこれはチャンス!なんだけど、田舎のデパートに探しに行ったら品数が少ないから選択肢が少なすぎ。

もうこんな時は新宿伊勢丹が会社帰りに寄れるほど近くにあればいいのにー。

当日までショッピングに行ける時間がないので通販にしようかと思ったけど、残業続きでカタログから選ぶ気力もなく。。。

結局私は添乗員・ガイド時代に使っていたパンツスーツ(23区)をおなかを引っ込めながら着ることにしました。

色はベージュで堅苦しさは無いし、インナーに白の半そでニットを着たので動きも楽でした。

ちなみにあちらのお母様は白のレースブラウスにスカートでした。

そして娘は水色のワンピースに白のボレロ、美容院でヘアスタイルも整えてきていましたよ!

こういうイベントを控えている皆様は、おしゃれなスーツはぜひとも早めにご用意ください。

お土産は地元のお菓子

やはり手土産は持っていきたいですね。
初めて会う方には少し気取ったお菓子も良いかなと思います。

私は通販で取り寄せた黒ゴマプリンにしようと思ったのですが、迷った末に地元で贈答品として人気のお菓子にしました。軽くて日持ちのするものが良いですね。

のし紙は付けても付けなくても良いと思います。私は一応蝶結びの無地のし紙に名入れしてもらいました。
いただいたのは、やはり先方の地元のお菓子と地酒でした。

当日の流れ

会場となる中華レストランの最寄り駅で娘と彼氏が私たちの到着を待っていました。

歩いて数分のビルに案内されてエレベーターに乗っていたら、なんと偶然ご両親が同じエレベーターに!
初めましての挨拶がエレベーターの箱の中。いきなり和やかな雰囲気になりました。

個室が予約されていて、着席して飲み物だけ先に注文すると、本日の幹事(!)彼氏が進行を務めます。

「本日は僕たちふたりのためにお集まりいただきどうもありがとうございます」

いいですね~。

そして彼氏がご両親の名前と紹介、娘が私たち夫婦の名前と紹介を交互にしました。

まずは二人の結婚へ向けての今後の予定を発表です。

仕事の都合上、入籍は秋。結婚式はする予定だけど来年になりそう、と私が一番聞きたかった今後の展望が伝えられました。

乾杯の後、歓談。

食事は各々に配膳されるコース料理でした。中華だから大皿だったらどうしよう、と心配したけど、そうでなくて良かったです。

初顔合わせという緊張するイベントの時は、やはり個室でコース料理や会席膳などがいいですね。

で、何を歓談したかというと、多趣味な彼氏のお父様とそれに太刀打ちするくらい多趣味な娘の父親(夫)が意気投合してしまい、ほとんど二人で話していましたね。

双方の父親が話好きなのが幸いして?始終和やかな雰囲気で食事会は進行しました。初回としては大成功でしょう。

難を言えば、若い二人の話を聞き出す時間が少なかったかなぁ。。。

結婚に向けての準備はこれから

TerriC / Pixabay
会場を出た後、二人の住む新しいアパートの部屋を見に行きました。

ファミリー層の多く住むアパートで、新しい生活を始めるのには良さそうな部屋でした。

これで私の同棲に対する心配事は減ったかな。

あとは健康に気を付けて、結婚に向けて着々と準備を進めてほしいと思っているところです。

この両家顔合わせの体験談で、これから結婚を控えた娘・息子を持つ親の心配事が少しでも解消されると嬉しいです。

関連記事:娘の結婚で50代母は忙しい!家のリフォーム・資金準備・やることいっぱい!

スポンサーリンク