こんにちは!

クリスマスや大掃除で世の中忙しい年末の土日に、

50代夫婦が青春18きっぷを使って日帰り箱根旅行に行ってきました。

スポンサーリンク



悩み多き50代にぶらり旅は必要な心の栄養

本来ならまだ済んでいない大掃除やら書いていない年賀状やら、

やることは満載なはずの時期です。

ところがこの年末は義父が入院したこともあり、

毎日が気ぜわしく気持ちが落ち着かないのですよ。

お正月どころではなくなるかもしれないし。。。

50代夫婦には(あ、夫は60歳だ)心配事や気の重い事柄が多すぎて、

時々気持ちを休めることも必要なんですよね。

 

人気ホテル&旅館が最大78%オフ

青春18きっぷは気軽な日帰り旅に便利なお得きっぷ

海が見たい。。。という夫に日帰りで費用をかけずに行ける場所といったら、

やはり青春18きっぷで行く普通列車の旅になってしまいます。

前回熱海に行ったばかりです。

今回は富士山も見える湖の景色を見せようと、箱根の成川美術館へ行くことにしました。

箱根の穴場的スポット 成川美術館はおすすめ

成川美術館はNHKの気象情報でおなじみの映像が見られるカメラが設置されています。

天気が良ければ芦ノ湖の湖面と箱根神社の赤い鳥居、そして富士山を望める絶景を楽しめます。

 

成川美術館への行き方

小田原駅から箱根登山バス 箱根町行 

小田原駅東口のりばから H路線 元箱根港で下車

小田原駅からはおよそ47分 箱根湯本駅からはおよそ32分です。

 

箱根の旧道、国道1号線は箱根駅伝の舞台です。

曲がりくねった狭い急な坂道。

ここで毎年お正月に大学生たちが激しい戦いを繰り広げるわけですね。

 

元箱根港は海賊船の発着する場所です。

元箱根港のバス停を降りてすぐに成川美術館の入り口が見えます。

エスカレーターで登ってすぐが建物の入り口です。

 

美術館は日本画の展示がすばらしく、落ち着いて絵画を鑑賞できるすてきな場所です。

ラウンジに展示してある象牙や玉の彫刻は必ず見てくださいね!

精巧な繊細な彫刻はいったいどうやって作成されたのだろうと感動します。

 

何といってもこのすばらしい景観。

ラウンジからもソファに腰掛けて眺められます。

 

ランチにちょうどいい時間なのでカフェでホットサンドと飲み物のセットを注文。

ビザやケーキなどの軽食でメニューは多くありませんが、

大きな窓から景色を眺められるカフェはお勧めです。

始めの計画では美術館のあと日帰り温泉入浴でのんびりしようかと思っていました。

でもこのカフェで景色を眺めお茶しているだけで十分だという夫のリクエストに、

デザートも奮発して注文。ソフトアイス。

うつわも見てください。きれいなガラスの美術品ですよ!

 

杉並木を歩いて冬の森林浴と東海道を行く旅人となる

美術館は企画展示・常設展示を鑑賞しても1時間もあれば十分かもしれません。

今日は日帰りなので杉並木を散策してバスで帰路に着きます。

 

日帰りなので明るいうちに帰路に着く

往路は小田原から旧街道を通りましたが、

復路は箱根新道を経由して箱根湯本へ戻ります。

やはりクネクネした旧道を通るよりも速い気がします。40分くらい。

 

箱根湯本駅から小田原まではレトロな雰囲気の箱根登山鉄道です。

15:40発。20分くらい。小田原駅発の列車は16:02発。

 

これから3時間の乗車なのにお土産もサンドイッチも買う時間はありません。
出発ホームでグリーン券情報を入力してお茶だけ買って乗車!あ~、あわただしい。

 

でも車内販売でお菓子を買って、これから3時間はのんびりです。

青春18きっぷはこうして50代夫婦の心を癒す旅に今回も貢献したのでした。

次はどこへ行こうかな?

 

本日の交通費

青春18きっぷ購入:¥11850
SUICAグリーン券購入:¥780x往復
箱根旧街道・1号線きっぷ(バス一日乗車券):¥1750
箱根登山鉄道線:¥310

 

スポンサーリンク