着物は買うときは高価ですよね。でも売るときはびっくりするほど値が付きません。

自分で初めて買った思い入れのある着物。母や祖母から譲り受けた着物。

着物好きなら手放すときも納得のいく方法で売りたい。

着物買取宅配査定と出張査定を体験した筆者がおすすめするのは、断然「着物買取出張査定」です。





宅配査定着物買取で失敗

着物は着なくなったから、着る機会が無くなったからといって、安易に捨てたり処分したりすることは気が進みませんよね。

色柄が気に入っていたり思い入れがあったりしたらなおさらです。

できれば着物買取店に売りに出して、少しでも値がつけばいいな、というのが人情です。

私は着物の断捨離、着物を売ろうと決心してから、随分時間を掛けてランキングサイトなどを調べました。

ランキングサイトというのは一長一短です。業者の名前を知るには良いのですが、中には体験に基づかずアフィリエイトの案件として紹介だけしているサイトもあります。

インターネット上にはたくさんのランキングサイトがあります。着物買取業者のランキングもたくさん。

信用できる情報を得るには、できるだけ実際に体験したことを記載しているサイトを探しましょう。

私も良く調べたつもりだったのに、前回依頼した宅配査定の業者は、対応も悪く大失敗でした

買い取り業者も数が多く様々なので、実際の体験談を書かれてある紹介サイトじゃないと信用できませんね。

私の失敗談はこちら⇒ 着物買取でトラブルに遭わないために私の失敗談と辛口レビュー

着物はレンタルをおすすめする理由はこちら⇒着物を買うか借りるか迷う?50代はレンタル着物でラクに和のおしゃれをする

着物買い取り業者はネット上にも広告が多く見られます。

それだけ着物を整理したい、売りたい人が多いということですね。

そこで心配になるのが信頼できる業者なのかどうかでしょう。

  • 本当に着物の価値をわかって高値で買い取ってもらえるのか
  • きちんとした流通経路を持った実在する会社なのか?
  • 着物買い取りと言いながら貴金属や骨とう品など「押し買い」の心配はないか?

そのあたりがとても気になりますよね? 失敗したくないですから。

スポンサーリンク



着物の出張買取がおすすめ

今回の私の失敗を踏まえて、他の業者で出張査定を利用してみたらとても良かったのでご紹介します。




着物買い取りをしてもらうには、持ち込み・宅配・出張査定の方法があります。

私は宅配買取査定の失敗を反省して、今回は出張買取査定を頼むことにしました。

「最速電話受付から30分でご自宅へ」、というふれこみは魅力ですね。

それは東京都内とかスタッフも多く人口密度があって個人宅の距離が近いところだとは思いますが。

人口密度の低い地方ではそうはいきません。

それでも快適に出張買取査定を体験できましたよ。

買取プレミアムを選んだ理由は

  • 出張買取査定で女性査定員指名ができるので、女性のお客様は安心
  • 無料電話相談ができるので、不安や疑問を解消してから申し込みができる
  • 全国対応なので、出張買取でも家まで来てくれる
  • 24時間・365日対応なので、「今すぐ売りたい!」と思ったときに申し込める

出張買取なら対面で質問もできるし、口コミも良かったのでまず申し込んでみようと。

私はもう宅配買取査定で失敗しているので怖いものなしです。

ちなみにスピード買取と買取プレミアムはBuySell Technologiesというリユースの会社の兄弟会社です。

両社とも評価も高かったし、どちらでもよかったのですが今回は買取プレミアムで。

買取や査定の流れ

今回出張買取査定を依頼したのはこちら↓
【買取プレミアム】

丁寧で、実際に自宅に来てもらっても安心でした。

もし金額に満足しなければ売らなくてもOKなので、着物を売りたい、いくらになるか査定してもらいたいとお悩みの方はまずは査定してもらってみてはいかがでしょうか?

私はそれまで会社名を忘れていたけれど、なんと数年前にも安価な着物を査定してもらい、切れたネックレスを買取プレミアムで買い取ってもらっていたみたい。電話をしたときに利用履歴があったことを知らされてびっくり。

まずはメールで相談すると電話がかかってくる

私は朝8:30に「メールで相談する」に電話番号と住所を入力して送信しました。すると30分ほどして女性の声で電話が掛かってきました。ちゃんと名乗るし丁寧な言葉使いと対応でした。

査定の希望日時を聞かれるので、当日の午後を希望しました。準備するものは査定してもらいたい着物や帯、そして身分証明で提示できる運転免許証などです。

会社としては着物のほかにも貴金属や毛皮・時計・古銭などの買い取りの扱いもあるので、査定員がご案内するかと思います、と一応事前のお知らせとして案内がありました。

「押し買い」の心配をする人も多いのでしょうね。着物以外の骨とう品やアクセサリーの査定も考えているなら便利ですし、そうでなければはっきり断れば良いと思います。

査定員が14:00ころ到着できるとのことで待っていましたら、前の訪問先で時間が掛かり、1時間遅れる旨サポートセンターから電話が来ました。

約束の時間が近付くと、今度は査定員本人から近くまで来ているからもう少しお待ちくださいと電話がありました。こうして連絡が密に来ると安心できますよね。まだかまだかと待たせるような会社はいただけません。

出張査定開始から30分ほどで終了

玄関先でOKと言われていても、広い玄関でもない限りは部屋に上がってテーブルで丁寧に見てもらいたいです。

部屋に上がると名刺代わりに会社のパンフレットを渡されました。クーリングオフ制度があり、お客様相談室のフリーダイヤル電話番号も記載されています。

私が今回査定して欲しかったのは、加賀友禅の訪問着と袋帯2点、新品の化繊の洗える着物でした。

現在ではもう着物は正絹でないと全く値は付かないそうです。

担当者は着物と袋帯の柄が一番きれいに見えるところをスマホで写真を撮り、査定の担当者にメールしています。一括してセンターで査定してもらい、査定結果の連絡を待つようです。実際に訪問してくれる担当者が全部査定できるわけでもないようですね。

で、出た結果は4000円。

前回宅配買い取りで出た査定が段ボール箱3箱で1000円ちょっとでしたからねぇ。少しはほっとしました。

でも4000円かぁ。。。

あとはそれでも良しとするかどうか、自分で判断するだけです。

本当にもう手放すだけだと考えていたなら4000円で売っても良いのです。

でもその若い査定員さんは、もったいないです、誰か譲れる人がいるならそのほうがいいと思います、と言うのです。

なにがなんでも安く買いたたくようなことはありませんでした。

誠実だなという印象を受けましたよ。こういう人には安心して見てもらうことができますね。

こうして私は今回はこの着物を手放すことは止めました。

誠実さを感じるアフターフォロー

これが宅配で着物を送りつけてしまったら、査定の結果が出るまで何の反応もわかりません。

もし宅配査定を利用するならば、もう本当に手放してしまって処分してもらっても良いようなものを出すべきだと思います。

今回は枚数が少なかったのでほんの30分ほどで終わりました。査定の途中で会社から査定員さんに電話が入って、次のお客様にも1時間遅れと連絡してくださいと返答していました。田舎なのに、次々査定依頼が来ているということですね。

査定員さんが帰って20分、ホッとしているところにサポートセンターから電話が入りました。

失礼なことはなかったかどうか、アフターフォローをしているとのこと。丁寧にみてもらえましたよ、とお伝えしておきました。

結局、出張査定だけ無料でしてもらって着物は売却しなかったのに、始めから最後まで丁寧な対応で良かったと思いました。こういう事業は信用が大事ですね。

売らなかった着物はふくのわプロジェクトへ

加賀友禅の訪問着はもう少し手元に置いて考えます。

本当に使わないであろうウールの着物や半幅帯は、ふくのわプロジェクトに送りました。

まだ使える衣類を送ることでパラスポーツの振興に役立つのなら、役立ててもらいたいです。

送料は発送者が支払いですが、まだ使える衣類が誰かの役に立ってほしいと思うわけです。

売りたいなら早い行動がおすすめ

高値買取の広告を見ると自分の持っている着物も高値で買ってもらえそうに思いますよね?

でも、着物は高級なもの、ブランド物、作家物の新品同然でないと、そうそう高値は付かないのが実情のようです。

中古の着物の価格は下がりつつあり、私のお気に入りだった加賀友禅の訪問着でさえ購入時の1パーセントにもなりませんでした。

着物は手元に保管して時間が経つほど価値が下がります。

お手元に売りたい着物、手放したい着物があるなら、なるべく早く行動に移したほうがぜったい良いです。

もし金額に満足しなければ売らなくてもOKで、クーリングオフ制度もあります。

お手元の着物、処分に困っている着物があれば、まず無料の電話・メール相談をしてみてはいかがでしょう?

安心感があっておすすめですよ。