2015/09/13 投稿記事です。

 

改正労働者派遣法が衆議院で可決されました。

 

今回派遣法が施行されることで

私たち個々の派遣労働者の働き方にどんな変化があるのでしょうか?

 

 

今回の派遣法では、専門26業務を廃止し派遣期間の制限を撤廃する一方で

一人の派遣労働者が同じ業務に就ける期間を最長3年までとします。

 

つまり問題となっていたのは、専門26業務に就いていた方々が

派遣社員のまま契約を更新し続けることができなくなるということです。

 

派遣先の企業には、長く働いてきた専門的な技術を持っている派遣社員を

正社員に登用する義務は無いので、

正社員になれるかどうかの保証がありません。

 

派遣元が派遣先に交渉してくれたり、新しい派遣先を探してくれたりはするでしょうが、

長いこと慣れた業務を慣れた企業でやってきた方々にとっては

正社員になれない限りは不安定な立場に陥るということでしょう。

 

私は正社員になれる派遣社員の数は多くないのではないか、と思います。

よほど有能な派遣社員の方なら、派遣先企業が手放したくないと思える人なら、

正社員として採用するから留まってほしい、とオファーがあるかもしれません。

 

でも企業側は義務ではないので。

派遣を使っていたということは人件費がより安かったからで。

人件費の高くなる正社員を増やすのかどうか?

 

 

現在の私の契約は自由化業務と言われていて

専門26業務ではありません。

やっていること自体は「事務機器操作」なので、

専門26業務の「事務機器操作」とどう違うの?と思いながらやっていますが

納得して(というか選べないので仕方なく)契約更新を続けています。

 

始めの契約時から長くても更新延長は3年と言われていて、今2年過ぎましたから

私はあと長くても1年の予定です。

 

派遣は長期の仕事でも3か月ごとの更新ですから

派遣先にいらないと言われれば、1年も決まりではありません。

 

実際、今私が勤めている派遣先企業の部署再編で、

契約終了になる派遣社員さんたちが何人もいます。

契約終了は突然来ます。1-2か月前には知らされますけど。

 

派遣ってそういうものでしょう?

もともと不安定なんです。

企業が安く使えるのにちょうど良いのです。

 

私は年齢が高くなってきてしまったので選択肢があまりありませんが、

20代はもちろんのこと、30-40代の若い方なら正社員を目指してしかるべきだと思います。

 

派遣の不安定な立場が嫌ならば、

英語やIT技術や、やはり手に職をつけて正社員になってほしいと思います。

あとは独立ですね。個人事業主になることです。

 

派遣という働き方は、パートやアルバイトよりは収入が良いけれど

不安定さという点では、派遣法が変わろうともなんら変わりが無いということです。

 

 


派遣社員 ブログランキングへ

日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ