こんにちは!

今日も一日楽しくお仕事してきましたか?

家では家族と食卓を囲んで今日一日の出来事を話していますか?

私は今日、職場で一日中会話が無いと、というか声を出すことをしないと、言葉が出なくなるという体験をしました。

スポンサーリンク



とっさの声が出なくなる

私のはそんなに深刻な話じゃないんですけど。

本当に声が出なくなるとか、言いたいことがのど元まで出ているのに発話できないとか。

 

今日職場で、同じフロアにインドから派遣されている社員さんがチョコレートを配っていました。

私の席にも来てくれて、にこやかに英語で「babyが生まれたのでお祝いに配っています」とのこと。

とっさにCongratulations! とか Wonderful とか It’s nice とかなんでも言えばよかったと思うんです。

でもなぜか固まってしまって 詰まってしまって、「お、おめでとうございます」と日本語で言いました。

まぁ、インド人にとっては日本語の練習になったかもしれませんが・・・

 

普段静かな職場でほとんど所属部署以外の人に話しかけられることはありません。

そこへ急に話しかけられたことと、とっさの英語で頭が混乱してしまったことに自分でびっくりしました。

簡単なあいさつ英語も出てこないこのザマ。

恥ずかしさと自己嫌悪とあきらめとが交錯しました。

 

あ、こんなにしゃべれなくなるんだ。

普段の業務はほとんど黙ったままパソコンに向かってデータ入力をしています。

業務が忙しければそれなりに脳も活性化されているのですが、仕事が暇な日は脳のシワが全部ツルリとのびてしまっているのではないかと思うほど思考停止しています。

これじゃいけないですよ。

50代だからって、まだまだ働いていかなきゃいけないのに、これから老化現象も加速していくおそれもあるというのに

 

現代は声を出さないで暮らせてしまう

インターネットが発達し、メールやSNSで受発信することでコトが済んでしまう世の中です。

電車に乗っても乗客のほとんど全員がスマホを見つめているご時世です。

買い物はネット通販で黙って注文し、配達は不在が多いことが問題なので、宅配ボックスを利用しようという動きさえあります。

スーパーのレジは集中レジで店員とのやりとりやあいさつをしないで用が足りてしまうので、ますます言葉を発する機会は無くなります。

 

声を出さない弊害

声を出さないということは口を動かす運動能力が低下することだと思います。

もちろん話す内容を考える脳も声を出そうとする喉も、動きが悪くなっていると思います。

 

改善するには?

英語学習のトピックでも主張しているように、音読が効くと私は信じています。

話す機会が無いのなら自分で機会を作り出すしかない

日本語なら新聞のコラムを声を出して読むだけでも効果があるかもしれません。

 

会話が無い弊害

あまりにも会話が無いと、私はここにいる価値があるのだろうか?と暗い気持ちになっていきます。

これが進行するときっと欝になるのだろうと想像できます。

やはり現状を変えなきゃいけない。

 

収入を得るための仕事を変更することができないのなら、家庭生活で努めて会話をするとか、合唱とか趣味のサークルに参加するとか。

なにか生活の中で声を出すような変化を付けないといけないと思ったのでした。。。