こんにちは!

家計のために、あるいは自分のキャリアのために、

一度は家庭に入った40代主婦が仕事を求める時、

ぶつかる壁の高いこと!

でも、あきらめますか?

 

スポンサーリンク



知っていましたか?総務省家計調査によると、世帯主の平均月額賃金はこの20年で7万円以上ダウン。
NHKあさイチ 6/28(水)

40代でも主婦でも家計収入が減れば稼ぎたいと思うのが当然

いや~、実感ありますよ我が家も。

20年前と言えば私もまだ専業主婦。元気な小学生2人の子育て真っ最中でした。

アパートの階下から生活音がうるさいと苦情を言われ、ノイローゼ寸前で田舎へ一戸建てを新築・引っ越ししたころです。

当時は夫も働き盛り。

これから昇給もあるだろうし生活が上向いていく予感があったものです。

 

が。。。がび~ん。

なぜ給料は下がっていくのでしょう?

 

政治も経済も時代ととも浮き沈み(というか停滞)が大きい20年だったとは思います。

合間にはリーマンショックがあったり大震災や原発事故といった大きな災害があったり。

しかもどっぷりゆとり教育の谷にはまった子供たちの世代。。。

終身雇用制度は崩れ退職金は減額。

収入が右肩上がりの時代はとっくの昔に終わっているのです。

 

日々の生活を安定させるためであることはもちろん、今後の教育費や老後資金の不安が強い40代であれば、長年主婦をしてきたとしても外に出て働きたいと思うことは当然です。

 

年齢信仰を捨てる必要があるのは企業のほう

子どもを自分の手で育てたいと、それまで積み上げたキャリアを捨てて家庭を運営してきた40代主婦に、

活かせるスキルがあるのに希望の仕事が無いと嘆く40代主婦に、「あなたのわがまま」なんて言わないでほしいです。

企業が欲している技術や成果に見合う仕事をできる40代主婦は必ずいます。

企業の側でまだまだ20代30代を欲しがる年齢信仰があることは否めない事実だと思います。

求人情報に年齢不問と書かれていても、問い合わせや応募をすれば年齢を聞くなり却下?

主婦が家庭生活で、地域役員や学校のPTA活動を通して、培ってきた段取りの良さや忍耐力を見てください!

 

40代主婦も説得をあきらめてはいけない

仕事に就きたいと奔走する40代主婦も、自分から年齢や就業ブランクを理由に遠慮している場合ではないです。

スキルを持っているなら応募したい企業を説得できる技術を身に着けるべきです。

あさイチの番組の中で紹介していた職務経歴書の書き方が参考になります。

キャリアを積んでいたころに成し遂げた業績があればしっかり記入すること。

自己PR欄で自分の持つスキルなら短い就業時間内でも仕事を仕上げることができると知らせ、

面接に臨めるチャンスを自ら引っ張る強さも必要です。

 

リクナビNEXTには簡単に職務経歴を作成できるツールがありますので、まずは使ってみてください。

これで説得力を増すことができますよ。

マイページには企業やキャリアアドバイザーに提出するための職務経歴書・履歴書をワンクリックで簡単出力ができる機能もあります。

一度入力しておくと複数社に応募する際に利用できますので便利です。
 

 

資格が無い ブランクが長い でも改善努力ができる人と印象づける

資格があるから就職しやすいというものでもないです。

なぜなら企業には資格が必要なのではなく、実際の業務の成果が、その企業の求めるレベルに到達しているかどうかが大切だからです。

「やりたいこと」と「できること」は違います。

40代は「背伸びしなくてもできること」で勝負したほうがいいと思います。

そのうえで自分の能力をより良くする努力は継続していく姿勢があると、観察眼のある採用担当者なら見てくれると思うのです。

 

マッチングサイトがほしい

あなたのスキルや能力と、求人を出している企業とを引き合わせる力が欲しいですよね。

ハローワークなら相談窓口の担当者に相談する。

ハローワークインターネットサービス

派遣会社なら派遣登録会に参加して担当者に相談する。

はたらこねっと~日本最大級の派遣情報サイト~

転職支援サービスなら担当者が付くので担当者に相談する。

転職支援実績31万人!【リクルートエージェント】転職支援サービス登録

何よりもまず、自分の長所・強みを知ることが大切です。

家族や知人に「私の良いところって何?」と素直に聞いてみましょう。

自己分析ができていないと前に進むことができません。

リクナビNEXTのグッドポイント診断



そして仕事を始める上で、譲れない部分と妥協しても良い条件がわかってきます。

自分で納得できれば多少の調整があっても長続きするものです。

 

 

とにかく一人で悩んではダメです。

周りを巻き込んで力を貸してもらいましょう。

 

で、50代の私は転職をどうするかって?

ん~。事務職に限らず職種の範囲を広げる必要もあるかもしれませんね。

転職、がんばりま~す。

業界未経験でもリクナビネクストの無料簡単登録